参拝案内

 後醍醐天皇の御代元弘元年(1331年)8月、都で大地震が起こり、その上悪疫が流行して、多くの横死者が出ました。勅命により当山第8世善阿空円上人は宮中に参内し、七日七夜を期して阿弥陀佛の御名を称えること百萬遍におよびました。その功力により疫病は止み、帝は御感のあまリ「百萬遍」の勅号と弘法大師御作の大利剣名号軸及び540顆の念珠を下賜されました。それ以来、諸祈願の法会としてこの大利剣名号軸を掲げ、僧俗が輪になり念佛を唱えながら大念珠を繰る作法が「百萬遍大念珠繰り」として全国各地に広がりました。特に京都の人々には大念珠繰りの寺「百萬遍さん」と親しまれております。
百萬遍念佛根本道場の知恩寺には御影堂に1080顆の大念珠が掲げられ、大法要や団体参拝の皆様にはこの大念珠繰りのご縁にお出会い頂いております。


Copyright(c) 2016 Daihonzan Hyakumanben Chionji All Rights Reserved.