歴史

浄土宗をお開きになられた法然上人は今から約800数十年前、賀茂の神宮寺を居とし、洛中の人々に「お念佛」をお説きになっておられました(京都市上京区、現在の相国寺付近)。当時「賀茂の禅坊」と呼ばれ今の「百萬遍知恩寺」の前身です。
建暦2年(1212年)正月25日法然上人は入滅され、その後、法然上人の直弟子勢観房源智上人が師の恩徳を偲び、報いる為には、「恩」を「知」らなければならないと、恩を知るお寺、「知恩寺」と名付けられたのです。
元弘元年(1331年)第8世善阿空円のとき、都に疫病が蔓延した際、後醍醐天皇の勅命により七日七夜百萬遍の念仏を唱えたところ疫病が治まったことから「百萬遍」の号が下賜されました。その後、幾度かの移転の後、江戸時代に入り、寛文2年(1662年)に現在の地に移転されました。現在の御影堂は、寛文7年(1667年)7月、当山第39世光誉萬霊上人が時の将軍より金五百両を賜り、更に全国を行脚して建てて頂いたものです。阿弥陀堂・釈迦堂・御影堂や七堂伽藍がそろい、特に御影堂は総欅造りの荘厳なものです。
法然上人を宗祖と慕う念仏宗徒の皆様に幾度となく、ご参拝頂いております。

法然上人 第22番霊場
百萬遍念仏根本道場
大本山百萬遍知恩寺
(正式名:長徳山功徳院百萬遍知恩寺)

Copyright(c) 2016 Daihonzan Hyakumanben Chionji All Rights Reserved.