リゾートにもタウンにも、使いやすいプラダ コピーバッグ

2013-04-16

休日の旅には大振りなサイズのバッグを連れていきたい。
それも、大きくてなんでも詰め込めるというだけでなく、どこか“遊び”のあるほうがいい。
ビジネストリップではないのだから、おとなしくてまじめ過ぎるのはつまらない。
コーディネイトのアクセントになってくれるようなルックスのいいバッグを選びたい。
そして、どうせなら普段づかいにも対応してくれるものがいい。
プラダ コピーバッグの容量の割には少なめの中身を詰めて、ボディをくったりとたゆませて持ち運ぶのがいまの気分に合う。
リゾートだけでなく街でも絵になるはずだ。
ラージサイズながらやわらかなレザーのもつ素材感で、肩掛けにしてもからだになじんで使いやすいプラダ スーパーコピーボストンバッグ。
プラダで人気のマテリアル──全面にパンチングをほどこした“サフィアーノフォリ”ならではの、片手に提げて持っても意外なほどの軽さに驚かされる。
側面にまでまわり込んだトップのジッパーで、ものの出し入れも容易だ。
グレイにブラックを大胆に配した2色づかいがコンテンポラリーな印象のこのプラダ コピーバッグ。
高さを抑えマチを深くとったバランスが新鮮なプロポーションからは、プラダらしい先鋭性とユーモアも感じられる。

Copyright(c) 2016 Daihonzan Hyakumanben Chionji All Rights Reserved.